×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


相場概況&最新更新情報など。相場が動いた時に不定期更新。

※旧デザインのページで一部表示の崩れているところがございます、ご迷惑おかけします。IPOバイオ など人気の主要ページについては問題ありません。近日中に新デザインに変更する際に修正予定。

9/18

IPOが再開。直近IPOが動いています。特に告知等していませんが随時銘柄入れ替えしています。気になるセクターのページをチェックしていると意外な繋がりが見えてお宝銘柄が発見できるかも?

8/28

都内でデング熱の感染確認。デング熱関連銘柄 が急騰。

8/23

G空間・センサー・自動運転関連銘柄が買われる。新しい技術を材料に資金が集まる材料株物色は旺盛。

8/15

ロボット関連銘柄車の自動運転関連銘柄 に新規銘柄を追加。

8/6

エボラ出血熱の感染が拡大。エボラ出血熱関連銘柄 が動き始めています。

7/25

ロボット関連銘柄水素ステーション関連銘柄 に新規銘柄を追加。銘柄の入れ替えや追加は、必要に応じて各テーマごとに随時行っています。

7/24

バイオ 関連が強い動き。

7/22

前日の リニア・トンネル関連株 に変わって、SMBC日興證券のサイバーダイン買い推奨で ロボット関連銘柄 が強い。また、3Dプリンター関連銘柄 や朝方には孫への教育資金贈与無税延長で 教育関連株 に物色の矛先。また、JPモルガンの大量保有を契機に 車の自動運転関連銘柄 も動く。引け間際には 水素ステーション関連銘柄 が上昇。セクターごと動く材料物色の資金循環が続いています。

7/17

JR東日本や東京都などが品川駅周辺の再開発に着手。総事業費5000億円とも。建設株が大幅高。

7/15

ドイツ工業ガス大手リンデ社が岩谷産業の設備を採用した世界初の商用水素ステーションを尼崎でオープン。水素ステーション関連銘柄が大幅上昇。また、後場にLINE東証上場のニュース。LINE関連銘柄が一斉高。

7/8

低位の仕手系が強く、電線関連銘柄が急騰。また、電池関連の一角(水素ステーションではなく、ページ中段の次世代電池関連)も強い。

7/7

水素ステーション&燃料電池車関連MVNO・格安スマホ関連銘柄が大幅高。材料株物色が続いている。

7/4

水素ステーション&燃料電池車関連の主力2銘柄がストップ高。また、カーナビ関連銘柄も大幅高。

7/3

直近IPOに資金が回帰。大型のVOYAGEが堅調なことから物色が広がる。ニュースでは日欧で医療・介護ロボットの規格や規制を統一との報道、ロボット関連銘柄が強い。また、東芝がブルガリアの国営電力会社から原子力発電所を受注する見通しとなったと報じられている。受注が実現すれば、日本勢では東欧で初。国外の原発需要の高まりから原発関連株が一斉上昇。

7/2

水素ステーション&燃料電池車関連MVNO・格安スマホ関連銘柄が急上昇。消費者金融関連も切り返し年初来高値となった銘柄が多い。新技術の後押しと規制緩和を進めているのは国。広い意味での国策銘柄に資金が集中。消費者金融に関してはJPX400採用絡みの思惑も。

7/1

車の自動運転関連銘柄が強い動き。水素ステーション&燃料電池車関連と共に自動車の先進技術が相場の柱になっている模様。

6/30

本日も水素ステーション&燃料電池車関連。息の長い相場になりそう。

6/29

海運・造船鉄鋼総合電機自動車メーカー系自動車部品のページを新デザインに切り替え完了。残りのページも順次切り替えていく予定です。主要ページはほぼ新デザインに移行済ですが、まだ表示が乱れているページについてはご迷惑をおかけしています。

6/27

引き続き水素ステーション&燃料電池車関連 の一角が強い動き。三菱化工機は全員参加型相場に。

6/26

国が助成すると伝わった 水素関連銘柄 が大幅高。消費者金融・リース関連新興不動産流動化関連株 など規制緩和を睨んだ国策関連も大幅上昇。官製相場との声も強い中、国策関連がとにかく強い。

6/25

6/18に政府は社会保障と税の共通番号(マイナンバー)を医療分野にも活用する方針を表明。電子カルテ関連銘柄 に物色の矛先。セキュリティ関連株消費者金融・リース関連 のページを新デザインに移行。現在、一部デザインの崩れているページがございますが順次切り替え予定です。ご迷惑おかけしております。

6/24

3Dプリンター関連銘柄 が強い。6/25〜27に東京ビックサイトにて3D&バーチャルリアリティ展が開催される。前日に米市場で3Dシステムズやストラタシスなどが軒並み急伸。また、25日にはナスダック市場に関連銘柄が上場する。昨日材料の出たナノキャリアはGUからストップ高で引け。

6/23

引き続き バイオ関連 の一角が強い。引け後はバイオ主力株のナノキャリアがエーザイと新規医薬品候補に関する独占的ライセンス契約を締結。

6/20

改正マンション建て替え円滑化法が18日に参院を通過、12月をメドに施行と前日に報道。容積率の緩和などもセットになっており、開発利益享受というメリットも大きいとモルガンが指摘。前日にガソリンスタンド売却を発表した4321ケネディクス、JPモルガンが再び買い増しに転じた8934サンフロンティア不動産など新興不動産流動化関連株、大京や新日本建物、野村不動産HLDGSなど不動産株のマンション関連が強い。マイナンバー、電線地中化に続きマンション建て替え法案と国策続き。そもそも今回の相場はGPIF(年金)株式組み入れ比率引き上げに伴う官製相場という話。

6/19

政府・自民党は「無電柱化基本法(仮称)」を制定する検討に入ったと一部報道。道路の新設と拡幅時に電柱の設置を原則禁止、既存の電線も地中化を促す。電線関連銘柄 が強い。また、大型株に年金買い観測。メガバンク自動車鉄鋼証券総合電気 などの主力大型株が広く買われ日経平均は245円高。

6/18

カジノ運営を合法化するための統合型リゾート施設を推進する法案(IR推進法案)が18日、衆院内閣委員会で審議入り。今国会の採決見送りで沈静化していた カジノ関連銘柄 が再動意。