デイトレード中心に短期売買をしながらテクニカル・ファンダメンタル両面から相場を見守って7年。実際の値動き、業績の連動性から関連性の深い銘柄をテーマ別にまとめました。企業規模を考慮しつつ、ある程度以上の流動性があって取引のしやすいものやテーマへの連動性が高いものを上位に掲載。機械的に分類されていたり、実際の値動きを見ると相関性の薄いものまで一つの籠に入れられてしまっていたりする既存のサイトとは一線を画しているものになっていると思います。

例えば安部総理が農業を成長産業になどと言ってからは 農業関連銘柄 が盛況ですが、農薬で上位に掲載しているのは4996クミアイ化学、4997日本農薬です。二つとも農薬専業だったり農業関連のウエイトが高く株価にはストレートに反映されやすい。一方ページの最も下の方に掲載している4041日本曹達、4023クレハ。この二つはクミアイ化学や日本農薬より企業規模も大きく流動性も申し分ないのですが、農薬以外の分野が大きく業績や株価へのインパクトは薄いので下のほうに掲載いたしました。

まだ工事中のページも多いのですが、東証一部/二部、大証一部/二部・マザーズ・ジャスダック全銘柄カバー予定。複数のテーマに重複して分類されている銘柄もあります。ワイド画面にも対応したパソコン用の当ページと、出先でのチャート確認に便利なスマホ用ページがあります。旧ページから見やすく軽くなった新ページデザインへ順次切り替え予定。更に使いやすいデザインを模索中です。

チャートの採用テクニカルは逆張り時や売り時、買戻し時の目安として使いやすいMACDとボリンジャーバンド。移動平均線は乖離率の目安やゴールデンクロスで使いやすい25日と75日。とにかく実戦向けに使いやすく作りました。旬なテーマや新規上場銘柄があれば随時更新していきます。更新時間は引け後の一日一回。近いうちに昼休みと引け後の二回、そのうちリアルタイムに近い形にできればと思っています。サーバーメンテ等で更新が遅れる場合もありますので最新の株価は今一度、手元の証券会社のツール等でご確認下さい。

尚、当サイトの情報を基に株式を売買した損失等について、当サイトは一切の責任を追いません。